service

事業内容

機密情報指定機器の取扱いについて

リユース(再使用)ではなくリサイクル

丸本鋼材では、個人情報保護のためハードディスクやSSDなど記憶媒体のデータ消去によるリユース(再使用)は一切行っておりません。お預かりしたすべての記憶媒体を専用機器による物理破壊後、国内工場にて溶融処理を行いマテリアルサイクルをしています。それゆえ、情報が復元されるなどのリスクはございませんのでご安心ください。
また、ディスプレイなど記憶媒体以外の付属品は環境負荷低減のため積極的なリユース(再使用)を推進しております。プラスチックは再生プラスチックへ、液晶部分はその他液晶部品として再使用されております。

セキュリティ

監視カメラ

24時間
警備システム

鍵付運搬台車

記憶媒体の
物理破壊

個⼈情報の漏洩をふせぐため、セキュリティーおよび社内管理を徹底して、物理破壊を⾏っています。
情報漏洩がそれでも⼼配...という⽅へは出張⽳あけサービスも⽤意しております。⽬の前で記憶媒体を取り出し、⽳あけを⾏います。
詳細はお問い合わせください。
営業日:月~土(祝日含む)
営業時間:8:00~16:45

リサイクル

機械による選別

素材ごとに分別

粒状に加工された銅

丸本鋼材はリサイクルのエキスパート。⾼い選別精度とリサイクル率で廃棄されたパソコンを鉄・アルミ・銅・プラスチックなどの素材へリサイクルします。記憶媒体は⽳あけ処理後、国内⼯場で溶融処理され⾦や銀といった希少⾦属のリサイクルが⾏われます。

破壊証明書・マニフェスト・産廃契約書などの書類について

破壊証明書はシリアル番号を記載し、エビデンスとトレーサビリティを確保しています。
その他マニフェスト・産廃契約書など、処分の際に気になる点もお任せください。