2019年 SDGsのトレンド(下)

リサイクルトレンドウォッチ(75)
2019年 SDGsのトレンド(下)
持続可能な開発のために、ナマケモノにもできるアクション・ガイド

国連のSDGs「持続可能な開発目標」は、世界を変えるための壮大な目標で、その実現には世界が力を合わせることが必要、とされています。「とても自分が関わることのできる話ではないような気がするかもしれませんが、あなたはただあきらめますか?」 との問いかけとともに、国連広報センターは「ナマケモノにもできるアクション・ガイド」を公表しています。以下は、アクションガイドの一部です。

レベル1:ソファに寝たままできること
・電気機器は電源タップに差し込んで使用。使わないときは電源オフにし待機電力を減らそう
・請求書が来たら、銀行窓口でなく、オンラインかモバイルで支払おう
・印刷はなるべくしない。手書きメモやデジタル付箋で紙を節約しよう
・照明はなるべく消そう。TVやコンピュータの画面は意外に明るい
・持続可能で環境にやさしい取り組みをしている会社の製品を買うようにしよう

レベル2:家にいてもできること
・ドライヤ-や乾燥機を使わずに髪や衣類は自然乾燥に。洗濯機は容量をフルにして使おう
・バスタブに比べ水を節約できる短時間のシャワーを利用しよう
・生鮮品や残り物、食べきれないときは早めに冷凍しよう
・生ごみから堆肥をつくろう。気候への影響を減らし、栄養物の再利用につながる
・紙、プラスチック、ガラス、アルミのリサイクルを徹底。買うときは簡易包装の品物を選ぼう
・窓やドアの隙間をふさいでエネルギー効率を高めよう。エアコンは冬は低め、夏は高めの温度設定に
・古い電気機器を使っていたら、省エネタイプの機種や電球に交換しよう
・食洗機を使うときは、あらかじめ皿を水洗いしないで

レベル3:家の外でできること
・買い物は地元で。地域企業を応援でき、長距離輸送も減らせる
・訳あり品を買おう。大きさや形、色が規格外のために捨てられてしまうものを減らせる
・詰め替え可能なボトルやカップを使おう
・買い物にはマイバックを持参。レジ袋は断ろう
・ビンテージものを買おう。中古品の中にもよいものがたくさんある
・使わないものは寄付しよう。大事にしていた衣服や本、家具に新しい命を

「持続可能な開発のために、ナマケモノにもできるアクション・ガイド」詳細はこちら☞https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/24082/